慌てて再開した高校の勉強

年末年始をものすごく忙しく過ごした母でしたが、昨日で、やっと落ち着きました。

これからは、いつもの日常を過ごしてまた1年を過ごしていきたいと思っています。


落ち着いて、まず、ヤバイ!!と母は慌てました。

そうだった!!年末年始は、息子くんに高校の勉強を母からは出していなかったんだったよね・・・。


母は、自分の高校時代は、思いっきり不登校で、全く勉強をしませんでした。

それで、高校の勉強は、わからないんです。


でも、息子くんは、塾には行かずに、母に習うと言います。

しかも、我家では、せいさ国際高校への学費の65万円を支払うのに精一杯で、塾までは、行かせてあげられないのが現状です。



母は、今まで高校の勉強がわからなくても、保育短大を卒業させていただけたし、せいさ大学では、あと卒論を書けば卒業というところまでにはなりました。

だから、高校の勉強がわからなくても、専門の大学や社会で仕事をして困った事はなかったのが事実です。


でも、高校の勉強をしてみたかったんです。

やらなかった人のほうが、大人になってしたかったなという思いは強いのかもしれません。

憧れていたので、息子くんと一緒に、3年間、勉強をしてみることにしました。


でも、数学とか、本当に難しいー!!

物理とか苦手ですー!!


だけど、ねばってあがいてみようと思います。

母だって、国公立の大学受験ができるくらいの学力は身につけたいんです。

そして、60才からは、入れるのならば大学院に行って、発達障がいの専門家の勉強をしてみたいと思っています。


年末年始の母が勉強できなくて、息子くんに課題を出せない間は、1月下旬にあるせいさ国際高校の試験勉強をしてもらっていました。

見ている暇もなかったので、やっていたかどうかは、息子くん次第になっています。


やっと落ち着いたので、今日からまた母は、高校の勉強を開始しました。

それで、明日からは、息子くんに課題を出す事ができました。


遅れてでも何でもいいから、息子くんに課題をコツコツ出していこう!!

母も、難しくても根気強く勉強していこう!!


さあ、12月の終わりに、がんばったと言えるのでしょうか?

自分との戦いだなと思う母でした。


d0290806_22330810.jpg


by chie_tknr | 2019-01-11 22:32 | 日常 | Comments(0)