母、塾の開業準備を始める(4)~生徒さん募集活動~

3月末日に、今の家に引越しをして、4月中旬に旦那さんを単身赴任で東北地方に送り出し、息子くんのせいさ国際高校入学式が終わった後、母は、暇になりました。

深夜早朝の仕事はしているし、娘さんの器械体操の付き添いもあるのですが、塾のために空けている日中が暇になりました。

旦那さんが、単身赴任前に準備をがんばってしてくれたおかげで、塾を開く家は、片付きました。


さぁ、今から、生徒さん募集をがんばろう!!

どこからしたらいいのかな?


うーん・・・。母は、悩みました。

ブログで、一度募集させていただく記事を書かせていただきました。

その時から、相談を受けるようにはなったのですが、母の塾ではなくて、もっと良い合う場所をお勧めしたりしていたら、新しくは、誰も来てもらえていないことに気づきました。


でもね、もっと良いところを知っているのに、その子に合いそうだなぁと思うところがあるのに、母のところに来てほしいとは、言えないと思ってしまうんです。


それで、どうしたらいいかな?とお茶を飲みに来てくれているママ友達に相談しました。

ママ友達たちが、教えてくれました。

「広告のチラシを配ったらどうかな?」

そうだね!!さっそく、作ってみるよー。


そこで、パソコンの前で気づきました。

母、思いっきり、チラシを作る才能がありませんでした・・・。


ふと思い出したのが、息子くんの友達のお父さんが、印刷店を経営していました。

自転車で、お店のドアを開けて、尋ねてみると、デザインから印刷まで、安くしてくださる事になりました。


写真も入れてくれるということだったので、携帯で以前とってブログに載せた写真を渡しました。

そして、ビックリするくらい立派な塾のチラシが出来ました!!


d0290806_03200548.jpg


ちょっとフセンばかりで、申し訳ないのですが、きれいなチラシになりました。

このチラシを息子くんと娘さんが通っていて、母が未就園児クラスの補助をさせてもらった幼稚園で配っていただきました。

今の家を貸してくれている大家さんの友達ママが、使ってねと残してくれたラミネート出来る器械でチラシを加工して、看板にもしました。

ありがたすぎることに、幼稚園の外の通りに、募集の看板まで出していただきました。


息子くんが北海道研修旅行を控えて、久しぶりに緊張を抑える薬をもらいたいと言いました。

息子くんは、小学校1年生からずっとお世話になっている児童心療内科の先生に高校の制服を見せるのもかねて、会いに行きました。

心療内科の先生は、ものすごく喜んでくれて、一言いいました。

「そうそう、高校生になっちまえば、元気に通えるものなんだよ。良かったな。」

先生を信じて、ここまでがんばれましたと、母は、お礼を言いました。


そして、ついでに、そういえば、フリースクールを終えて、今度は、塾をする事にしたんです。と何の気なしに話しました。


すると、先生が、思ってもなかった事を言ってくれました。

「おお、それはいいなぁ。すぐにチラシをもっておいで。5月くらいから、困った子どもが来だすから、勧めて広めておくよ。」

えー!!いいんですか?申し訳ないです。ありがとうございます!!


一番、大変な子どもが集まりそうな場所に、伝えてもらえることになりました。


発達障がい・不登校の専門塾は、なかなか伝えることが難しいなと思います。

一般の塾のように、幅広い子どもを対象にしていません。

家からでれないくらいの困難なお家の子どもさんに来て欲しいと思っています。


これからも、母でなくてももっと良い場所があると思えば、どんどんお伝えしていって、まだまだ時間がかかってめぐり合えなくても、先でよいから母のところで元気になってくれる子どもさんを待ちたいと思います。


お金が少しできたらチラシを作って、少しの場所ずつでも誰かに会えるその時まで、配っていきたいと思います。


こんなにも、何も能力もなく、力もない母のために、いろんな方が協力して、支えてくれます。

本当にありがたくて、恵まれていて幸せだと思います。



今日から、フリースクールに続いていてくれる中学校2年生のRちゃんの勉強を月曜日金曜日、週二回始めます。

塾開始一番の勉強です。

とても楽しみで、Rちゃんが来るのを、ワクワクして待つ母でした。






by chie_tknr | 2018-05-14 06:33 | | Comments(0)