母、悪夢にうなされる ~ストーカー・サビー~

去年の12月に、旦那さんが欲しがっていた子猫のサビーが、我家にやってきました。

さび猫のサビー。ものすごく賢くて、しつけもあっという間にできた可愛い子猫です。

可愛いと、母と旦那さんは思っているのですが、見た目からかな?

なぜだか、子どもたちの反応が悪い・・・。

我家の子供たちも、風景のように一緒にいるだけだし、我家に遊びに来た猫好きな息子くんの友達も、遠くからながめるだけでした。

そして、我家に来てくれている、フリースクールや家庭教師の子どもたちも、見るだけ・・・。

おや?これは?

我家のアイドル猫、あんこちゃんとは、全く違って、関わらない子どもたちに、驚きました。


そして、子猫のサビーは、母のみにものすごくなつきました・・・。

いつも母が見える場所のクッションで、眠っています。

d0290806_13455276.jpg


そして、寝ているはずなのに、母が動くと、薄目を開けて、見ています。

d0290806_14295154.jpg


出かけようとした瞬間に、クッションから飛び出して、玄関まであとを追ってきます。


d0290806_13032240.jpg

その目が、ものすごくすがる目で見上げてくるんです・・・。

うううううーっ!!!

ごめんよ。母は、じっとできない人なんだよ。ずっと家にはいられないんだよー!!!


外出している間は、寝ているそうです。

でも、母が帰って来る音で、すぐに飛び起きて、そばにきます。

それから、1時間は、まとわりつくまとわりつく・・・。

撫でろとすりより、ひざに乗り、どこに行くのも、2階に行くのも、トイレもついて来て離れません。

ギャー!!

たーすーけーてー!!


母、今回、はじめて夕方に5時間、隣の県の器械体操教室の付き添いで、留守にしました。

その夜の事・・・。

少し寝ては、撫でてくれと母を起こし、少し寝ては、添い寝をしろと布団に入ってきて、少し寝ては、遊んでくれとおもちゃのねずみをわたしに来る・・・。

おおおおー!!! 寂しかった分、愛情を注げとでもいうのかい? かまってくれがハンパネー!!

サビー、ゲージが必要?


明け方、やっと母は、眠りにつきました。

そして、ひさしぶりに、ハッキリした夢を見ました。


そこは、野生動物を保護しているアフリカのような場所でした。

目の前では、大型動物が、保護されて、元気に暮らしていました。

へぇ~、いろんな保護団体が世界にはあるんだなぁ。などと、世界規模な夢を見ていると、神々しい光の中に、女神様が降臨しました。

その女神様の美人なこと・・・。


でも、違和感が・・・。女神様は、子猫を抱っこしていました。

よく見ると、それは、サビー!!


そして、女神様が、優雅に微笑まれながら、母に、こんな事を言いました。

「ありがとう。あなたが、この子に、愛を注いでくれたから、この子は、生き延びることができました。」

「これからも、この子を、くれぐれもよろしくお願いします。」



そして、母は、夢からさめました。

今のなに?今のは、夢だよね・・・。女神にサビーをお願いされちゃったよ!!これってさ、悪夢じゃーん!!


母が目覚めると、そこには、母の胸の上でスヤスヤ眠る、子猫のサビーがいました。

お前かー!!胸の上とか乗っちゃってるから、母、悪夢見たじゃないかー!!


本当に、めったに夢なんか覚えていない母の久しぶりの夢は、ものすごくリアルでした。

このサビー。もともと引き取る話のはじまりは、旦那さんの夢に出てきたことでした。

そして、またよろしくお願いという夢を母は、見ました。


もしかして、もしかするとさ・・・。ものすごく何か不思議な力をもった猫とかさ・・・。



旦那さんに、朝、母は、留守番後のストーカー行為のすごさを話しました。

すると旦那さんが、言いました。

「それじゃさ、車に乗せて、chieちゃんの行くところには、連れて行っちゃえばいいんじゃないかな?」


え?それって、猫を連れて、隣の県まで行っちゃえって事?

すごーい。なにそれ、ものすごいアイデア??


そうじゃなくてさ・・・。

慣れてくれば、離れてくれる?

そういう方向性ではなく、あきらめて、一緒によろしくねって事だよね・・・。


旦那さんの笑顔に、何かものすごく不条理なものを感じつつ・・・。

なるようにしかならないと、何か思ってしまった母でした。




by chie_tknr | 2018-01-10 14:15 | ペット・植物 | Comments(0)