chie一家、久しぶりに実家に帰る!! (6)  ~東京の家に帰る~

昼ごはんをファミレスで食べさせてもらった後、chie一家は、いよいよ東京へ帰るべく、母の実家を後にしました。

母の実家から、空港までは、そんなに離れていないので、タクシーで向かいました。

九州のお土産を空港で買って、夕方、東京行きの飛行機に、無事に乗る事ができました。

行きの飛行機では、窓際の席の取り合いで、険悪だった子どもたちでしたが、帰りは、娘さんが窓際に座ったので、スムーズに行きました。

飛行機が飛び立ちます・・・。

また、しばらくは、帰れないかもなぁ。

ちょっと、寂しくなった母でしたが、これから自宅に帰る道のりを考えて、また気合を入れなおしました。

羽田空港から、自宅までは、母の運転する車で帰ります。

夜の首都高速は、なかなか神経を使う運転になります。

でも、荷物も家族も車に乗せてしまったほうが、我が家は安心なので、やっぱり車で来ていて、良かったなぁと思いました。


娘さんは、ずっと、大喜びで、窓から見える景色を写真に写していました。

d0290806_16302926.jpg
帰りの飛行機の中で、母は、グッスリ眠りました。

息子くんも旦那さんも寝ていたようです。


飛行機は、二時間近く飛んで、chie一家を東京へと運んでくれました。

そして、車に乗り込んで、ハッと気づきました!!


ああああー!!! 九州で、ラーメン食べるの忘れてたー!!

九州のラーメンを食べるのを楽しみにしていた家族だったのに、すっかり忘れて帰って来てしまいました・・・。


夕ご飯は、自宅近くにあるマクドナルドのハンバーガーにするという家族の意見を聞いて、とりあえず、母はひたすらに自宅を目指して、運転しました。

夜の首都高速は、渋滞がない分、ものすごく周りの車が速いんです・・・。

一家、事故死という文字が、頭によぎる中、母は、集中して運転しました。


元気な子どもたちは、ずっと、ワイワイ話しています。

そして、あと30分ほどで、家に着く頃になった時に、子どもたちが、歌いだしました。

『まぶた~閉じ~れば~。浮かぶ景色が~。迷いながら~いつか帰る~。愛の故郷~。 サクラ~吹雪の~。サライ~の空へ~。いつか帰~る。その時まで~。夢は~すてな~い~♪』

2人の子どもたちが熱唱し、旦那さんがスヤスヤ眠る中、母は、まるで、24時間テレビのランナーになった気分になりました・・・。


そうだよ。ゴールは、もうすぐなんだ!!

なぜか、一人、感動している母でした。


夜9時過ぎに、自宅へと帰り着きました。

友達ママが、何度も来て世話をしてくれていたので、猫も魚もリク亀も、植物も全部元気でした。


息子くんが言いました。

「今回の旅は、珍しく、全部楽しい事ばっかりだったよー。」

娘さんが言いました。

「本当に、楽しかったよねー。」


満足して、子どもたちは、眠りにつきました。

明日から、また仕事が忙しくなる旦那さんも、眠っていきました。


深夜、一人起きて、旅の片づけをしながら、母は、思いました。

2泊3日という、短い時間だったけれど、二つの実家に帰れて、旦那さんのおじいちゃんの13回忌も参加出来て本当に良かったなぁ。

家族みんなで旅が出来て、楽しい思い出になった事が、本当に幸せだったよね・・・。

実家のありがたさをしみじみ改めて感じた旅でした。


大げさかもしれないけれど・・・。

長かった辛く大変すぎた発達障がい・不登校の子育て生活が、何か一段落したような、そんな九州の旅でした。


~fin~




by chie_tknr | 2017-09-29 10:40 | 日常 | Comments(0)