chie一家、久しぶりに実家に帰る!! (1)  ~8年ぶりに帰った九州~

はじめに・・・。

あまりに短い2泊3日の二つの実家への帰省だったために、ほとんど誰にも会えずに終わった事をお詫びします。

ごめんなさい。次回は、もう少し、余裕を持って、会いにいくぞ!!と、決意している母です。


それは、2ヶ月前くらいから、はじまったchie家一大イベントでした。

旦那さんのおじいちゃんの13回忌を、九州の実家ですることになり、家族みんなで帰ろうということになりました。

実家に家族で帰ったのは、母が二人の子どもたちの出産で里帰りした13年も昔のこと・・・。

旦那さんは、10年は、実家に帰っていないし、母は、血のつながった父が癌で亡くなる少し前に、会いに行った時以来の8年以上帰っていませんでした。

何でそんなに帰れなかったの??

発達障がい・不登校・・・。

様々な交通機関を使って子どもたちを連れて帰るには、越せない関門が山ほどありました。

母の中には、無意識に、一度でも甘えて実家に帰ってしまったなら、辛すぎる子育てをしている東京には、二度と帰って来れなくなってしまうような・・・。

脅迫にも似た思いがあったように感じます。

だから、実家は、泣くほど帰りたいけど、帰れない場所でした・・・。

いつも帰れないことを、申し訳なく思っていました。

その分、たまに、両方の実家の両親が、東京まで会いに来てくれました。


月日は、流れました・・・。

二人の子どもたちも、成長して、中学生になりました。

そしてそれぞれ、学校へ通うということをやってみたけれど、今は、まだ無理だと納得した時期に、実家へ帰る話はちょうど良かったなと思いました。

子育ても大変ではなくなってきて、今なら、母は実家へ帰っても、また元気に東京に戻ってくることができると思いました。


でも、今回は、東京の仕事の事や、飼っているペットや植物の事など、東京の家の事がほっとけなくなっているということに驚きました。

改めて、今暮らしている場所に、馴染めているのだなぁと実感しました。


そんなこんなで、9月のはじめに、chie一家は、とうとう九州の実家へと帰ることになりました。

2泊3日という、短時間とは思えない濃厚な旅の時間を、久しぶりに、家族で過ごす事ができました。

ではでは、ゆるゆると、どんな旅だったのか・・・。

お付き合いいただけたらと思います。


~to be continued~





by chie_tknr | 2017-09-21 15:53 | 日常 | Comments(0)