娘さんが、私立中学校を退学することにしたその後・・・ ~新しい道へ~ (2)

母は、娘さんの通っていた私立中学校に書類を書くのと荷物を引き取りに行ったすぐ後に、次の居場所、公立中学校とせいさフリースクールへの転入手続きをはじめました。

公立中学校は、地域の教育委員会に電話で話をして、二年半通っていた学区外の中学校へは通えないことがわかっていました。

疲れ果てている娘さんが、新しく近所の公立中学校へ通えるとは、思えませんでした。

それで、娘さんと話し合って、近所の公立中学校には、在籍だけすることにして、発達障がいを本当に理解してくれる居場所、せいさフリースクールに中学校の間は、通うことに決めました。


近所の公立中学校には、兄である息子くんが在籍しています。

ちょうど良いタイミングで、息子くんの担任の先生から、電話がかかってきました。

それで、娘さんが転入したいという事を、伝えてもらうことができました。

副校長先生と電話で話して、必要な書類を教えてもらって、私立中学校に電話で伝えて、取り寄せました。

3週間ほどで、転入願いが受け入れられて、娘さんは、6月30日づけで、私立中学校から、公立中学校へ転校することができました。

公立中学校は、今年から校長先生がかわりました。

そのせいなのか、対応があっさりしています。

担任で、学年主任の先生だけに一度会いました。

そこで言われた事が、去年とは、全く違って簡単に終わりました。

「それでは、在籍だけということなので、娘さんが学校に来るとなるまでは、名簿にも載せず、他の子どもたちにも、何も言わないようにしますね。」

ちょっと寂しい気もしましたが、娘さんの場合は、友達もいないし、気にするタイプなので、他の子どもに全く知らされないほうが、都合が良いなと思いました。


娘さんは、きっと公立中学校に通うことは無いと思います。

本当に、通うのは、せいさフリースクールです。そして、そのまませいさ高校に通う予定です。

せいさフリースクールでは、好きなゼミを受けることができるので、娘さんは、3回も無料で体験させてもらいました。

せいさフリースクールには、息子くんも、我が家のフリースクールや家庭教師の子どもたちも、通っています。

兄弟同じ時間に通って、一緒のクラスでと思ったのですが・・・。

さすが、我が家の子どもたちは、自由でした。

息子くんは、9時40分からの総合のゼミに通っています。

そして、娘さんが選んだのは、10時40分からの学習ゼミでした。


娘さんは、我が家とせいさフリースクールで、他の子どもたちと一緒に週4日勉強することになりました。

勉強は、私立中学校の教科書問題集をそのまま使って、母が計画的に進めていく事にしました。

器械体操と勉強、両方の居場所が決まりました。

娘さんは、言いました。

「せいさは、普通の学校よりも、勉強しやすいよ。」

母は、どんどん元気になっていく娘さんを見て、本当に嬉しくなりました。

娘さんは、行きたかった私立中学校へは、通い続けることができませんでした。

すごく辛い経験だったと思います。

でも、一ヶ月経って、大きな声で笑い、元気に運動も勉強もすることが出来ています。


今回、本当に子どもたちを、行きたいという道へ進ませてみて、思ったことがあります。

やはり、やりたいと思う事は、最大限親は、応援する事が大事だと思います。

でも、難しい道だと、わかっているときは、必ず、前もって、その道が合わなかったときに、次に進めるように、安全な居場所も探してあげておくことが大切なのだと思いました。

自信を失ってしまわないように・・・。

そして、少し、子どもたちが思い描いていた道と違っても、この道でも良かったのだと思えるように、一緒に応援していく事が、何よりも元気に成長していくことにつながっていくのだと思いました。

発達障がい・不登校。本当に、難しい子育ての日々です。

だけど、難しいけれど、それ以上に面白いと、いろいろ大変だったけれど、やっぱり思った母でした。


昨年の1月ごろよりはじまった、我が家の子どもたちの学校への道も、困難を越えて、やっと落ち着きました。

本当に、応援し続けてくださり、ありがとうございました。

この経験を、少しでも、周りの人たちに役立てることができたらいいなと、しみじみ思う母でした。





by chie_tknr | 2017-07-03 22:34 | 学校の事 | Comments(0)