人気ブログランキング |

旦那さんが4日間、単身赴任先から帰ってきてくれていたのですが・・・。

我が家は、旦那さんと娘さんが、顔をあわせると何かしらバトルをしています!!

今回は・・・。


テレビをめぐっての父娘バトルでした!!

テレビのチャンネル争い?

いやいや、我が家は、昨年引っ越してから今まで、まだテレビを見れるようにしていないんです。

テレビはあるけれど、見ていないという状態でした。

テレビは、子どもたちのゲームの画面として、大活躍していました。

テレビ大好きな旦那さんは、インターネットをテレビにつないで、見るのが好きな人です。

テレビの画面にPS4のゲームをつないで遊びたい娘さんと、インターネットをつないでゾンビ映画を見たい旦那さんとで、バトルが4日間起きていました!!

そして、ついにストレスマックスな娘さんが、叫びました!!

「テメーはよ!!単身赴任のクセに、家にしょっちゅう帰ってきすぎなんだよ!!」

旦那さんがニヤニヤしながら、娘さんを挑発しました。

「残念でしたー。次回は、来週、1週間帰ってきますぅー!!」

娘さんが、激怒しながら叫びました。

「帰れ!!お前は、東北に帰れー!!」

そして、ボソボソとその隣で、息子くんがつぶやきました。

「父さん、今日、昼の2時に東北に帰るって言ったから、そろそろ友だちが来るんだけど。」

旦那さんが、息子くんに早く単身赴任先に帰るように言われて、ショックをうけていました。

「あーん。chieちゃん、子どもたちが、早く家から出てけって言うー!!」


ここで、旦那さんが力を振り絞って、娘さんに攻撃をしかけました。

娘さん、今日は、疲れたからと器械体操を休むことにしていました。

「いいか。器械体操を休むなら、娘さんは、今日はゲームは禁止だからな!!」


そんな事を言われた娘さんは、最後に旦那さんに、最大級の爆弾を落としました!!

「帰れ!!」

「ハゲ散らかしやがって!!ハゲは、帰れー!!」


ウギャー!!!!

ハゲじゃない。ハゲてないー!!ハゲて・・・。

断末魔を残しながら、単身赴任先へとヨロヨロと戻っていった旦那さんでした。


父娘バトル。今回の勝利は、娘さんだったなと密かに爆笑した母でした。





# by chie_tknr | 2019-04-19 21:43 | 親子バトル | Comments(0)

旦那さんが、4日間、東北地方の単身赴任先から帰ってきてくれていました。

何だかドタバタと暮らしていた母でしたが、そんな中、新しく仕事をはじめたくなりました。

え?そんな時間あるの?

そんな声も聞こえてきそうですが、あるんです!!

ずっと、考えていたのですが、隣の県の器械体操教室の待ち時間があいている時間でした。

えー!!ボーッと休んでたらいいじゃない。

一緒に飲食店で、深夜早朝働いている友だちママにも言われたのですが・・・。

母、じっとすることも、ボーッとすることも出来ない多動の人でした。


今、娘さんの器械体操教室は、往復2時間、待ち時間が3時間くらいの1日5時間かかっています。

それが、月曜日から金曜日まで週5日。

ずっと娘さんの器械体操に付き合っている状態なんです。

今でも、すごく待ち時間に何かしたくてウズウズしているのに・・・。

今年の秋から、娘さんは、上のクラスに上がろうかなと言い出しました!!

ま、ま、まって!!それじゃ、待ち時間が4時間になるのー?!

季節が春や秋なら、車の中で作業をして、待つこともできます。

でも、夏や冬は、器械体操教室の中で待つしかないんです。
子煩悩な母なら、娘さんの練習を見て、喜ぶのでしょうが、もう、見続けて8年間。

そろそろ、見なくてもいいんじゃないかと思います。

1週間に1,2回、見たらいいんじゃないかなぁ・・・。

多動だった娘さんも、練習にしっかりと参加できるようになりました。

もう、何かあっても先生におまかせして大丈夫と思えるまでになったんです。


そんなこんなで、母、とうとう隣の県で働くことを決意しました!!

それには、準備が必要だよね!!

そう思った母は、旦那さんにおねだりしました。

軽自動車に乗せることができる折りたたみ自転車です!!

旦那さんは、いつもどおり、あっさりいいよと言ってくれました。

そして、届いたのですが、組み立てられてなかったー!!

d0290806_19431684.jpg


母は、猫たちに見守られながら、一生懸命説明書を読んで、組み立てました。

おおおー!!できたよー!!小さいー!!

d0290806_19272406.jpg


母の好きな緑色の小さな折りたたみ自転車でした。

この自転車、少し乗ってみてわかったのですが、スピードはあまりでません。

でも、歩くよりずっと楽に移動できます。

器械体操教室の駐車場に、車をおいて、車のトランクに乗せたこの折りたたみ自転車で、近くの仕事場に行こうと思います。


第1回目の面接は、今働いている飲食店とグループが同じ飲食店です。

来週の月曜日、娘さんの器械体操の時間に、さっそく自転車で行って来る予定です。

なんと言っても、自宅が遠いこと。

そして、2時間しか働けないこと。

土日祝日は入れないこと。

なかなか採用されるのは、難しいような気がします。

でも、ダメなら次と、いろいろやってみるつもりです。


無理をしないで、体調に気をつけて、でも、暇ではないように・・・。

来年から始まる、子どもたち2人、私立通信高校の学費で困らないように。

今から、はじめていこうと思う母でした。





# by chie_tknr | 2019-04-19 19:06 | 日常 | Comments(0)

旦那さんが、東北地方の単身赴任先から4日間帰ってきてくれています。

旦那さん、月に3回くらい帰ってきてくれます。

毎回、どうしてか、旦那さんが帰ってくると母は、すごく忙しくなって、睡眠1、2時間とかで深夜早朝働いてしまいます。

それで、今回からは、旦那さんが帰って来てくれるときは、仕事を休むことにしました。

火曜日水曜日の深夜早朝の仕事だったら、1日だけ休んで連日の勤務をしないことにしました。

今回は、きっと余裕があるはず・・・。

そう思っていた母は、甘かったんです。

やっぱりドタバタ生活になってしまいましたー!!

何が悪いのだろう?

母は、ちょっと生活を考えてみることにしました。

今回旦那さんは、月曜日の夜に帰ってきてくれました。

月曜日は、早朝3時半から飲食店へ歩いて仕事に行きました。そして、働いて帰ってきたのは、朝9時でした。

いそいで猫のサビーの散歩に1時間出かけました。

その後、11時から12時にピアノ教室に習いに行きました。

家の掃除や洗濯をして・・・。

昼2時から3時に塾をしました。

旦那さんの夕飯を作って、子どもたちにも夕ご飯をだしました。

夕方4時過ぎから9時まで隣の県の器械体操教室に娘さんと一緒に出かけました。

旦那さんが、駅につくのが、9時12分でした。

母は、車で迎えに行きました。

旦那さんがご飯を食べて、お風呂に入ったあと、母はこたつで爆睡していました。

火曜日の朝4時に目を覚して、家事をしました。

火曜日は、息子くんがせいさ国際高校に登校して、新年度の教科書をもらってきていました。

母は、旦那さんの好きな食べ物を買いに出かけたりしていました。


火曜日の深夜の仕事は、1ヶ月前から申請して休むことができたので、よかったんです。

でも、人が見つからなくて、水曜日の早朝5時から9時まで仕事になりました。

朝4時半から出かけて、飲食店で働いていたら、新メニューにかわるときで、母は残って仕事になり、家にたどり着いたのは、朝10時半でした。

それからサビーの散歩に出かけて、昼ごはんを家族に作りました。

ちょっと休もうと思っていると、息子くんが旦那さんに言いました。

「父さん、髪の毛切ってよ。」

そうなんです。我が家の旦那さん、ものすごく器用な人で、赤ちゃんの時から今まで、子どもたちの髪の毛は、旦那さんが切ってくれています。

母は、アシスタントで、道具をそろえたり、掃除をしたりする係になります。

昼の2時から3時の間で終わりました。

ちょっと休もうかなーと思っていると、旦那さんと息子くんがピアノで遊びだしました。

ええと、寝れないよねぇ・・・。

そこに、娘さんが、やってきて、母に動画の話を始めました。

ええと・・・。

ああ、息子くんに今日の勉強を出していなかったよ!!

母が急いで、今日の勉強の英単語や古文のテキストや化学の教科書を準備していると、息子くんにこんなことを言われました。

「母さん、オレ今日疲れてるんだよねー。だからさ、化学を減らしてよ。まぁでも、夕飯にラザニアを作ってくれるんなら、がんばってもいいけどね。」

ええええー!!

今からラザニアー!!

でも、材料はあるし、どっちにしても夕飯は旦那さんに作ってあげたいと思いました。

わかったよー。なんとかやってみるよ・・・。

3時から4時までの間で、なんとか母は、ラザニアを作りました。

どうだ!!塾の先生なめんなよ!!勉強させたい気持ちは、すごいだろう!!

疲れすぎて、よくわからなくなってきた母でした。

旦那さんが、言いました。

「あ!僕は、今日昼寝をし忘れていたよ。おやすみなさい・・・。」

あっという間に眠ってしまった旦那さんでした。

夕方4時過ぎ、また母は隣の県の器械体操教室に来ています。

帰って、また夜10時半から歩いて仕事に行き、明日の朝10時過ぎに家に帰ります。

それからサビーの散歩に行って・・・。

昼2時に、旦那さんが単身赴任先に戻ると言っているので、駅まで車で送っていく予定です。

その後は、4時過ぎからまた隣の県の器械体操教室へと車で行きます。

そして、木曜日の夜。やっとお休みです。

ううーん。なんでかなぁ・・・。

やっぱり、ドタバタ生活なんだよね。


今回のダメだったところは、火曜日の深夜の仕事は休めたけれど、水曜日の朝の仕事が休めなかったことかもしれない。

次回は、もうちょっと上手に生活してみたいと思います。

でも、なんやらかんやら言いながらも、寝不足で忙しいけれど楽しくすごせていることに感謝だなと思う母でした。




# by chie_tknr | 2019-04-17 19:03 | 日常 | Comments(0)

4月、桜の花も、だんだん散っていく時期になりました。

毎年、この時期になると、なぜか母は新しい事を始めたくなります。

新学期だからなのか。それとも、母が小学生のときに、日本全国を引っ越しして、5回もこの時期に転校していたからなのか。

なぜかわからないのですが、何か始めたくてウズウズします。

でも、何を始めよう?

塾の生徒さん募集をしようとしたら、息子くんにとめられました。

「母さん、塾は趣味でしょ。もう自然に来る人だけにしなよ。募集はしなくていいんだよ。」

えー!!趣味じゃないよー!!

ちゃんと、開業してるよー!!

息子くんは、ニヤリと笑って言いました。

「またまたぁ。飲食店の方が給料高いでしょ。塾は趣味なんだよ。認めなよ。」

あーん。ひどい言われようだよ。言い返せないー!!

でも、たしかに、自然に来てくれる子どもさんだけ見させてもらう方が母らしいかもと思ってしまいました。


うーん。塾ではないとすると・・・。

教育相談ボランティアも、ウォーキングも、英会話の勉強も、息子くんや娘さんの勉強も見ることもさせてもらえている母です。

猫の散歩だってしているし、友だちママとお茶も飲めているし、本当に今が1番幸せな気がしています。


でも、何だか新しい事を始めたいんだよね・・・。

ということで、母はずっとやってみたかったことを実行に移すことにしました。

それは、隣の県の娘さんの器械体操教室の近所でなにか働くことでした!!


娘さんが器械体操の練習をしている待ち時間に、何か働いてみたいとずっと思っていました。

採点をしたり、ブログを書いたりしているのですが、上のクラスに上がってしまうと、4時間も待たないといけないんです。

暇は、嫌だー!!

じっとできない母には、待ち時間が長すぎるのは耐えられないと思いました。


どこかこの器械体操教室のそばで、働けそうなお店とかないかな?


隣の県の器械体操教室のママさんたちに尋ねてみました。

すると、いろいろ熱心に相談にのってくれました。


母がママさんたちに話した働きたい条件は・・・。

職種は、飲食店か塾がいいんだよね。

この器械体操教室にできるだけ近くて、そして、夕方6時から8時の2時間だけでも働ける職場がいいんだよ。

週に2,3日だけ働きたいんだけれど、どこか知らないかな?


いろいろワイワイ話し合ってくれて、ママさんたちは、声をそろえて、1つの飲食店を紹介してくれました。

それは、母が今働いている飲食店と同じグループの会社が経営しているところでした。

ここならいいねー!!器械体操教室からそんなに離れてないよー。


その場で、さっそく求人に応募してみました。

ママさんたちは、驚いて言いました。

「仕事早いねー!!」

思い立ったらすぐしないとねー。次の用事が入っちゃうといけないからさ。

母は、ママさんたちにお礼を言って、その飲食店からの連絡を待つことにしました。

やっぱり、地元の事は、地元の人に聞くのが1番だなと思いました。


1つ動くとまた次のことが始まるような気がします。

友だちママから、朝6時からコンビニで働かない?と誘われました。

そして、他の友だちママの子どもさんが、気に入れば塾に来てくれるかもしれないという連絡も同時に入りました。


さてさて、どうなっていくのでしょうか?

身体を大切にしつつ、周りに心配をかけないように心がけながら、母はまた次のことへと踏み出していきたいと思います。

春、何か新しい事を始めたくて、ウズウズしている母でした。




# by chie_tknr | 2019-04-16 19:31 | 日常 | Comments(0)

先日記事に書いたのですが、9年くらい働いている深夜早朝の飲食の仕事を、朝9時までにのばしました。

すると、思ってもいなかったのですが、店の前にとめている自転車に、『警告』という札がはられてしまったんです。

駐輪場に自転車をとめると、1回300円かかります。

せっかく仕事の時間をのばしても、お金がかかってしまうのはなぁ・・・。

母は、通勤の方法に悩みました。

いろいろ考えてみても、良い考えは浮かばなくて・・・。

結局、25分かけて、歩いて通勤することに決めました。

歩くのが大嫌いで、すぐに自転車に乗ってきた母ですが、まさか40才を過ぎてからこんな事になるとは思いませんでした。


でも、人は何か苦手なことでも、とりあえずやってみるものです!!

仕事ウォーキングを始めたら、なんと英会話の勉強ができるようになってしまいました!!

腕に、ランニング用のバンドをつけてスマホをセットします。

イヤホンをして、危なくないように音は最小限にして・・・。

YouTubeで、聞き流し英会話をかけながら、歩いていきます。

歩きながら聞こえてくる英語を、ブツブツ言いながら行くのですが、これがいい感じで頭に残るんです。

すごい!!いつもなら、すぐに他の事をはじめちゃう母だけれど、仕事ウォーキングは、歩くしかできないから、往復50分、ちゃんと勉強できるよー!!

お金もかけず、しかも健康的にウォーキングができるようになった母でした。



喜んでいた母は、自分の考えが甘かったことに数日後に気づきました・・・。


それは、火曜日の深夜から木曜日の朝までの母の生活で起きました・・・。

火曜日の夜10時40分。母は、気分良く英会話を勉強しながら、仕事ウォーキングで飲食店にたどり着きました。

そして、朝まで働いて、またウォーキングで10時半には、家に帰りました。

すぐに、サビーの散歩に1時間行って・・・。


そして、またその夜10時40分に仕事ウォーキングで出かけて、朝まで働いて、そしてまたウォーキングで帰ってきて、サビーの散歩に行って・・・・。


ウギャー!!!!


めっちゃ、ハードじゃねー!!!!


ただでさえ、寝ないで走り回る飲食店なのに・・・。

往復50分。4キロ近くを朝晩よくわからないけどあるいてるよー!!

こんなのムーリー!!!!

ヘトヘトになって、飲食店にたどり着いて、この話を一緒に働いている友だちママに話しました。

1言、友だちママは言いました。

「また、バカなことをするから・・・。」

えー。だってさ、自転車がダメなら歩くしかないとおもったんだよー。

でも、連日勤務が続くと、なんか一日中歩いている気がしておかしくなりそうなんだよね。

友だちママは、ため息をつきながら、こんなことを母に言ってくれました。

「その、家から仕事場までの距離は、どうやって調べたの?」

え?もちろん直線距離だよー。

「それは、はかりなおしたほうがいいよ。バスの経路で距離はいいんだよ。」

あ!!本当に?やってみるねー。

いつもいつも、母のもうダメだと思ったときに、すごい考えを言ってくれる友だちママです。

母は、経路を家の近くのバス停にして、調べ直してみました。

すると・・・・。ピッタリ2キロありました!!

おおおおおー!!


さっそくマネージャーさんに話してみました。

なんと、交通費が出ることになりました。


大喜びで友だちママにお礼を言うと、こんなことを言われました。

「よかったねー。でも、それでも大変なら転職する方法もあると思うよ。だけど、その時は、一緒についていくからね、勝手に転職はダメだからね。」

本当に、いつも母をたすけてくれる友だちママでした。


それじゃ、何となくウォーキングしないのも寂しいけど、無理しないで、これからはバスで行こうかな。

簡単に考えていた母でしたが、そこで問題が起きました!!

母の働いている時間に、バスは?

深夜遅かったり早朝早すぎて、走っていなかったー!!


ああ、それじゃ、自転車を仕事場近くの駐輪場にとめたらいいんだよね。

あれ?その時間にとめれる駐輪場が、近くにないー!!

結局、時間にとめれる駐輪場からは、ウォーキングすることになることがわかりました。

なんじゃこりゃー!!!!


結局、悩むのがめんどくさがりの母が決めたことは・・・。

50才から何かスポーツをしようと決めている母です。

だから、それに備えてこれからも仕事ウォーキングを続けることにしました。

なんちゃって、英会話もできちゃうしね。

いやー、毎回思うけど、本当にポジティブな性格だよ。


交通費ってどうなるのかな?うーん。

なにはともあれ、仕事ウォーキング生活を、これからも結局続けることになった母でした。

でも、疲れている時は、無理しないでちょっと遠くの駐輪場まで自転車で行こうとも思いました。


もう、子どもたちも大きくなって留守番できるし、転職してもいいのかな?


大好きな飲食店です。

先では、働く日にちを少なくするかもしれませんが、これからも続けさせていただこうと思う母でした。




# by chie_tknr | 2019-04-14 10:34 | 日常 | Comments(0)